鋸山・日本寺|大仏広場・地獄のぞき・ロープウェイ

スポンサーリンク

山頂・地獄のぞき

座禅石の前の階段を下っていけば、大仏広場に戻ることができます。トイレに行きたくなった人は大仏広場に行けばありますが、この階段は、とても長いです。

階段を登って山頂に向かうと通天関があります。

通天関を抜けて進んでいくと、西国観音があります。

西国観音

山頂まで後ちょっとで、最後の階段です。

山頂までの最後の階段

ようやく山頂に到着です。正面の岩が展望台になっております。

鋸山山頂

山頂からの景色です。正面に見えるのは東京湾、その先には神奈川が見えます。

鋸山山頂からの景色

ちなみに下を見てみると、まさに断崖絶壁です。明らかに人工物で、石を切り出した後なのでしょうね。

鋸山の断崖絶壁

左には「地獄のぞき」があります。

地獄のぞき

地獄のぞきに行くには、ここを越えていかなけれなりません。正直、結構きついです。雨の日とかは大丈夫なのでしょうか。

地獄のぞきへの道

地獄のぞきということは下は地獄なのでしょうか。覗いてみるとこんな感じです。人がいますね。

地獄のぞきの下

地獄のぞきを後にします。改めて見てみると、すごい迫力です。

地獄のぞき2

百尺観音

百尺観音へと向かいました。断崖絶壁に囲まれた道を進んで行きます。

断崖絶壁に囲まれた道

道を抜けると、百尺観音が表れます。百尺はメートルに直すと「30.303M」となります。完成したのは昭和41年とわりと新しく、戦没者の供養などの目的で作成されたそうです。

観光客の一人が「中国みたい!」と言っていましたが、中国の観光地はこんな感じなのでしょうか。一度も言ったことがないので、わかりませんが。

百尺観音

百尺観音の立て札

左上には、地獄のぞきが見えます。

地獄のぞき

十州一覧台・浅間神社・世界救世教記念碑

もうひとつの展望台である十州一覧台に向かいました。地獄のぞき辺りから下りの階段が続いて、また登ることになります。高齢の男性が「階段地獄だ!」と嘆いていました。

十州一覧台の向かう階段

ようやく上まで到着です。浅間神社という小さな神社があります。

浅間神社

すぐ近くには世界救世教記念碑があります。世界救世教というのは1935年に出来たわりと新しい宗教です。ウィキペディアで調べてみると2016年の信者数は「609,722人」にのぼるといいます。

設立者の岡田茂吉は鋸山でご来光を仰ぎ不思議な体験をしたそうですが、それがこの場所なのでしょうか。ご来光というか、かなり強い日差しを感じたので、傘をさしてしのぎました。

世界救世教記念碑

展望台からの景色はこんな感じです。

十州一覧台からの景色

ロープウェイで下って浜金谷駅へ

鋸山を一周りしてロープウェイの駅に到着です。

ロープウェイの駅

ロープウェイの発車まで時間があったので、アイスでも食べて休憩することにしました。

アイスのメニュー

アルフォンソマンゴーです。アイスクリームというかシャーベットに近い感じです。

アルフォンソマンゴーアイス

ロープウェイの発車時間になりました。

ロープウェイの発車

数分で下まで無事到着です。

ロープウェイの到着

ロープウェイのりばを後にします。

ロープウェイのりば

歩いて数分で浜金谷駅に到着です。

浜金谷駅

時計を見ると15時半、保田のほうに「ばんや」という漁師たちが営業している有名な食堂があるので、そこで食事をしようと思いました。

ところが、保田方面の次の電車が来るまで1時間以上、「ばんや」のラストオーダーから17時で、ギリギリ間に合うか間に合わないかといったところです。悩んだ末に諦めることにしました。

「ばんや」は次の機会にまた行ってみたいと思います。

→ ばんやのホームページ

まとめ

電車でのアクセスで鋸山・日本寺を廻ってみました。

今回は、帰りの電車で長い時間待つことになってしまいましたが、とにかく電車の本数が少ないので電車の時間については事前に調べておいたほうがよいと思います。

日本寺の参道から廻ってみた感想としましては、とにかく上りの階段が多いので、このルートで行ってみたいと思う方はそれなりの覚悟したほうがよいかもしれません。

ちょっと残念だったのは、お土産が売っている場所が少ないということです。私の知る限りでは確か、ロープウェイの駅に少し置いてあったぐらいだと思います。なかなかいい観光地ですし、人もそこそこ来ているので、もう少し、いろいろお土産があったらいいなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました