箱根「飛竜の滝」自然探勝歩道ハイキング

スポンサーリンク

飛龍の滝

箱根には、温泉や芦ノ湖、大涌谷など観光地がいろいろとありますが、今回は「飛竜の滝」を目指してみたいと思います。

箱根に限ったことではありませんが、バスやロープウェイを使って簡単にいける場所には、人がたくさん集まりますが、少し歩いていかなきゃいけない場所なら人の数は大幅に激減し、静かな旅を楽しむことができます。

飛龍の滝は、まさにそういった観光スポットといえます。

行き方はバス停「畑宿」から歩く方法と、バス停「湯坂路入口」から歩く方法の2通りがありますが、畑宿から歩いてみることにしました。畑宿へは箱根湯本駅から箱根登山バスを使って行くことができます。

もちろん、バスでは箱根フリーパスを利用することができます。箱根フリーパスの詳細については次の記事を参考にしてください。

→ 箱根ゴールデンコース

それでは飛龍の滝がどういったところなのか、レポートしていきたいと思います。

飛龍の滝

飛龍の滝近くのバス停「畑宿」へは箱根湯本駅からバスで15分程度です。歩いていくことも可能ですが、上り坂が続くので思ったよりも時間がかかります。個人的には、畑宿まで歩いてさらに飛龍の滝へ向かうのは、かなりきついと感じます。

歩いて行く方法は、次のページを参考にしてください。

→ 箱根旧街道ハイキング

畑宿のバス停の近くにはトイレがあります。飛龍の滝から戻ってくるまで、トイレは他にないので、無理にでも、ここで済ませておくことをおすすめします。

バス停「畑宿」近くのトイレ

畑宿から飛龍の滝へは、どちらに行けばいいのか、ちょっとわかりにくいです。車道沿いに少し坂を登っていくと、飛龍の滝に向かう道(自然探勝歩道)への入り口があります。ここですね。

飛龍の滝に向かう道

車道の脇道を入っていくとハイキングコースらしい道に入ります。

飛龍の滝へのハイキングコース

飛龍の滝へのハイキングコース

飛龍の滝へ向かう途中には、小さな滝などもあります。

暑かったので短パンを履いていたのですが、草などで擦り傷ができることもありました。冷感のタイツでも履いてきたほうがよかったなと思いました。冷感のアームカバーなんかも付けていれば、虫対策にもなります。

小さな滝

入り口から自然探勝歩道を40分ぐらいハイキングして、ようやく飛竜の滝が見えてきました。

飛竜の滝

滝の下の岩の上で、滝を眺めながら少し休憩して、再び畑宿のバス停に戻りました。行きは上りが多くて時間がかかりましたが、帰りは半分ぐらいの時間で済みました。

畑宿から飛龍の滝へ行って戻るまでの所要時間は1時間半を少し超えるぐらいでした。

スポンサードリンク

甘酒茶屋

畑宿から箱根湯本駅へバスで帰ることもできますが、時間があるので、ちょっと寄り道をしていこうと思います。

畑宿から元箱根方面にバスで少し行くと「甘酒茶屋」があります。江戸時代から変わらない味の甘酒を提供しているといいます。

うぐいすきなこ餅を甘酒を頼みましたが、現代の甘酒と比較しても、非常に美味しいと思います。基本的に日本の食品は企業努力の改良で年々美味しくなっていると感じていますが、江戸時代の味が今でも通用しているのには、ちょっと驚きを感じます。

甘酒茶屋の甘酒とうぐいすきな粉餅

元箱根・桃源台

甘酒茶屋からバスで元箱根に向かいました。

芦ノ湖の海賊船には何回か乗ったことがあるのですが、箱根フリーパスには海賊船の料金も含まれています。なんとなく、乗らないと損なのかなと思って、海賊船に乗って桃源台に向かいました。

そういえば、前に小田急が箱根に100億円規模の投資をすると発表しましたね。海賊船が今よりも、もっとすごくなるとか聞きましたが、どうなるのか楽しみです。

芦ノ湖の海賊船

仙石原

まだ時間が少しあったので、桃源台から箱根湯本に帰る途中、仙石原に寄っていきました。

秋は「すすき」が美しいと有名なところです。今回は夏だったのですすきの美しさは拝めませんでしたが、それなりに草原の光景は見られます。

仙石原

結構続きますね。後ろを振り返ってみました。

仙石原

ここが終点のようです。入り口からは15分程度かかりました。短パンでしたが、草がシャープで足に擦り傷ができる恐れがあります。やっぱり冷感タイツでも履いてくればよかったです。

仙石原の終点

箱根湯寮

帰りの電車に乗る前に日帰り温泉の箱根湯寮(はこねゆりょう)に立ち寄りました。

箱根湯寮に行くには箱根湯本駅から送迎バスが出ております。急な上り坂が続きますが、歩いて行けない距離でもありません。

ぬるいお風呂があって、2時間ぐらいゆっくりと浸かっていました。サウナではアロマの蒸気を発生させて大きなうちわで熱波を送るロウリュウサービスなども行っております。

ものすごい暑さで辛かったですが、汗がダラダラ出ました。うちわを振る担当者は、この仕事をしてから、みるみる体重が落ちたそうです。

箱根湯寮

 

タイトルとURLをコピーしました